青色申告をする場合の基本事項

65万円の控除や純損失の繰越など、様々な特典を受けられる青色申告を行うためにはいくつかやっておかなければならないことがあります。

無条件で税金に関わる複数のメリットが得られるわけがないのでこれは当然のことですね。

所得税の青色申告承認申請書を提出する

青色申告を行いたいという場合には、事前に『所得税の青色申告承認申請書』を税務署に対して提出しておかなければなりません。

これには特に審査などはなく、あなた自身が住んでいる場所を管轄している税務署に対して提出することになります。

どこの税務署が自分の管轄なのかということについては国税庁のこちらのページで調べることが可能です。

所得税の青色申告承認申請書の記入用紙は税務署に置かれていますし、場所がわからなければ税務署の人に聞けば大丈夫です。

また、青色申告を行いたい年の3月15日までに提出する必要があります。新規開業の場合には事業開始から2ヶ月以内であればOKです。

ちゃんとした帳簿をつける

青色申告では白色申告よりも厳格な帳簿処理が求められていて、「所得に係る取引を正規の簿記の原則、(一般的には複式簿記)により記帳し、その記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付」するということになります。

これをやることで最高で65万円の所得控除が受けられるようになるんですね。

何千万円も稼いでいる人であれば微々たる金額なのかもしれませんが、まだ駆け出しの個人事業主であればこの65万円の控除というのは非常に大きな金額です。

 
複式簿記で帳簿をつけていくというのは簿記の知識が全くない人にとっては結構大変なことです。この時点で税理士に会計業務を依頼することを考える人も出てくるでしょう。

税理士の紹介サイトへ ⇒ 税理士ドットコム

複式簿記がつけられるという人の場合には会計ソフトを利用して入力していき、最後にプリントアウトして保存しておくというのが一般的ですね。

会計ソフトを使って正しく入力していれば、確定申告で必要となる損益計算書や貸借対照表も自動的に出力されますし、国税庁のサイトで確定申告書を作っていく時にもスムーズでしょう。

領収書などの保存

複式簿記で作った損益計算書・貸借対照表以外の書類や領収書、預金通帳については確定申告の際に提出するわけではありません。

しかし、こうした確定申告書を提出する際に根拠として使ったものについては7年間(または5年間)保存しておく必要があるんですね。

確定申告の時期になってから慌てて帳簿付け作業をしているなんて言う人はこうした書類保存なんかも雑になりやすいですしよく失くしてしまうようです。

領収書などを紛失してしまえば税務調査が入った時に経費をでっち上げていると言われかねませんし、確定申告時に使わないとしてもわかりやすいようにまとめて保存しておかなければなりません。

確定申告の期間は?

個人事業主の場合には、前年の1月1日から12月31日までの確定申告を2月16日から3月15日まで(2016年の場合)に行う必要があります。

年度の途中で開業した場合にはそこから12月31日までの分ですね。

 
最初に確定申告をする時にはわからないことだらけですので恐らく各税務署が設置している確定申告書作成会場へ出向いて色々と教えてもらうことになると思います。

確定申告の期間が始まった頃にはそうでもないのですが、3月に入ると皆焦って作成会場に行き始めるので混雑するでしょう。

何事も早めに準備を始めておかないと最終的に間に合わなかった・・・なんていうこともあるので注意が必要です。

 
ちなみに、間に合わなかった場合でも税務署では確定申告書の提出を受け付けています。門前払いにはされません。

ただし、あまりにも遅れて提出した場合には本来の納税額に加えて余計な課税がされてしまうこともあるのでご注意を。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ