脱サラしたので帳簿付けや確定申告がわからない場合には

脱サラしたけど確定申告のことがわからない、という悩み

脱サラして新規に開業した、なんていう場合にはサラリーマン時代に経理関係業務をしていない限りは普段の帳簿付けや確定申告のことが全くわかりませんよね。

もっとも、「帳簿付けをしておかなければならない」「確定申告をしなければならない」という知識があるだけでも相当立派なものなのですが。

脱サラして事業を始めたという人の中には、確定申告の存在自体を全く知らずに何年も税金を払わないで営業していて、ある日税務署からのお尋ねがやってきて膨大な税金を持って行かれて真っ青・・・なんていうことがありますからね。

 
ただ、確定申告をして税金を払わなければならないということがわかっていても、そのやり方が分からなければ結局は意味がないですし、自分で勝手に間違ったやり方をしてしまえば実は納税額が足りなかったという場合に痛い目を見ることになります。

(もちろん、間違って納税額が多かったなんていう時に税務署は指摘してくれませんからこの場合も大損することになりますが)

一般的には税理士に頼むのが普通

こうした場合、下手に自分でやるよりも全部税理士に丸投げしてしまって自分は事業に集中する、というのが一般的なやり方です。

脱サラ直後なんてそれこそ寝る時間も削って働いているという人が多いわけですから、1から簿記の勉強なんてしている暇はありませんよね。

それだったら年間何十万円か払ってでも税理士に全部やってもらったほうが正確だし手っ取り早いというわけです。節税対策についてのアドバイスももらえるわけですし。

 
ただ、問題はどの税理士を選べば良いのか?ということ。

あまり深く考えていない人の場合には自宅や仕事場から近い税理士事務所を探して「すみませーん顧問契約してほしいんですけどー」っていうことをしてしまいます。

このやり方の間違っているポイントは2つ。

あなたの事業分野について詳しい税理士とは限らない
飛び込みでやってくる客は税理士事務所のカモ

あなたの事業分野について詳しい税理士とは限らない

税理士っていうのは税金のことだけ詳しければよいというものではありません。顧客の事業分野について(完璧に知っている必要はありませんが)ある程度の知識がなければちゃんと働くことができないんですよね。

それを、「誰でも良いから近所の税理士」なんていう選び方をしてしまえば話は合わないし経営相談にも乗ってもらえないし節税も上手く行かないし、ということで支払っている顧問料に比べて仕事っぷりがイマイチだな・・・という悩みを今度は抱えることになるでしょう。

飛び込みでやってくる客は税理士事務所のカモ

そして、何の問い合わせもなしに「顧問税理士になってください」なんて飛び込みでやってくる客なんて完全にカモですね。

価格交渉もやりそうにないし、どんな税理士だかわからないような状態で契約しようとしているんだったら高い顧問料や決算料でも文句を言わないだろう、ということになってしまうでしょう。

 
いくら帳簿付けや確定申告を全部丸投げできるとは言っても、ムダに何十万円も取られてしまったら損をしていると思いませんか?

税理士紹介サービスを使う

ですので、自分の足で税理士を探すよりはインターネットを利用して税理士紹介サービスを使った方が上のような問題にぶつからずに済むでしょう。

税理士紹介サービス ⇒ 税理士ドットコム

あなたの事業分野に詳しい税理士を探して紹介してくれますし、何よりも大きいのは月額顧問料や決算料などの価格交渉を予算に合わせてサービス側で先に行ってくれるということですね。

何も知らずに顧問税理士をつけたら年間30万円取られていた人が、この紹介サービスを通すことで年間20万円を割る金額で税理士についてもらうことができた(しかも事業内容に詳しい)という例が多くあります。

脱サラしてビジネスを始めたけれども会計のことが全くわからないというのであれば、こういったサービスをまず利用して将来の不安を減らすということが必要ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ