税理士の値段を安く抑えて契約したい場合には

税理士の値段を安く抑えたいのなら

これから新しく税理士と契約するというのであれば(あるいは税理士を変更するというのであれば)、なるべくだったら値段は抑えたいと思うのが人情ですよね。

なるべくだったら値段は抑えたい

これはどれだけ儲かっていても逆にカツカツでも同じことで、出て行く費用はなるべく下げたいと思うのは普通のことです。

 
しかし、実際に顧問税理士と契約するということになると、毎月の顧問料の相談についてなかなか切り出せなかったり、価格値下げの交渉自体が全然できないという経営者は多いです。

そこで、税理士を自分で探すのではなく次のようなサービスを利用してみてはどうでしょうか?

こちらをクリック ⇒ 税理士ドットコム

このサービスのポイントは、希望に合わせた税理士を紹介してくれるということよりもむしろ、予算に合わせて税理士料金の価格交渉を代わりに行ってくれるということですね。

もちろん無茶な要望をしてしまっては誰もなり手がいませんから通らないのですが、価格交渉自体がどうも苦手で・・・という場合には利用してみると良いでしょう。

知り合いに紹介してもらうとロクな事にならない

もちろん、現在の経営状況に合わせた税理士を紹介してもらえるというのも実は非常に良いことです。

現在の経営状況に合わせた税理士を紹介してもらえる

通常、顧問税理士を探そうと思ったら誰か知り合いに頼んで税理士を紹介してもらうという方法を取る経営者・個人事業主がほとんどです。

しかし、知人に税理士を紹介してもらうという場合には次のような問題が発生してしまいます。

  • 業界のことを知らない税理士である可能性が高い
  • 使えない税理士でも断りにくい
  • 使えない時に契約解除しにくい
  • 月額顧問料などの価格交渉がしにくい

メリットが『自分で税理士を探す必要がない』ということくらいしか無いのに対し、デメリットが多すぎるのではないでしょうか?

最悪の場合、『業界のことに無知、仕事が遅い、言われたことしかできない、それなのに顧問料がバカみたいに高い』なんていうことにもなりかねません。

税理士自身の営業は人脈頼りになっていることが多いので

税理士自身の営業は人脈頼り

なぜこういったことが起きてしまうのかというと、これは税理士業界での営業方法に問題があるからなんですね。

新しく顧客を探そうと思った時に、普通の事業のように営業をかけるということができないのでどうしても今の顧客からの紹介という人脈頼みになってしまっているということがあります。

新規の顧客が増えるということは滅多にないことですから、そういう場合にはなるべく高い顧問料と決算料で契約しようと考えるのは仕方ありません。

そして、紹介してもらった側(我々のような経営者ですね)というのは間に入っている人の顔を潰したりしないように契約を断って帰ったり価格交渉をしたりということをほとんどやらないということがわかっています。

ですから、大抵の場合は相場よりも多少高い価格を請求してくる・・・ということに。

単純な事務作業だけしかしてくれない税理士もいる

でも、高額な料金を取ったとしてもちゃんと働いてくれて想像以上の節税ができた、とかっていうんだったら問題ないわけですよ。

払った以上のものを取り返すことができているわけですから、その場合には文句をつける筋合いではありません。

 
問題は、高額な顧問料を払っているのに単純な会計作業しかしないとか、税務調査の時に全く頼りにならないとかっていう場合ですね。

基本的に税理士というのは平均年齢が非常に高く、インターネット関係には極めて疎いとか未だにパソコン操作がおぼつかないとかっていう人もたまにいる業界です。

業界によってはそういった税理士を入れてしまうと逆に「いない方が良かった」なんていうことにもなりますから、「知人からの紹介」で選ぶ場合には自分の事業がどんな税理士に当たっても大丈夫なのかということを考えてからにした方がいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ